はげと男性ホルモンの関係

はげに悩む男性が増えています。
中高年のものだった薄毛や抜け毛は20代などの若い世代でも現れる症状となっています。
はげは年齢によるものストレスによるものという印象が大変強いものです。
もちろんストレスや年齢を重ねたことによる薄毛や抜け毛もありますが、男性の場合最も深い関係があるのが男性ホルモンです。
このホルモンが過剰に分泌されると、毛乳頭を攻撃する成分が発生して頭髪の正常な成長が阻害されてしまうのです。
こうした男性ホルモンが原因で起こる脱毛をAGAと呼び、専用の治療薬なども利用されています。
有名なのはミノキシジルとプロペシアです。
ミノキシジルは内服でAGAをケアする治療薬でタブレットとして発売されています。
服用することで血中濃度を一定にして高い脱毛予防効果を発揮してくれます。
プロペシアは外用の育毛剤で、頭皮にかけることで成分を浸透させるタイプの成分です。
プロペシアの含まれた育毛剤を使って頭皮マッサージをすることを毎日の生活習慣として取り入れると、発毛効果を高め脱毛予防をすることができます。
このように男性ならではの脱毛の悩みはさまざまな治療薬を使うことによって効果的にケアすることができるようになっています。