はげとストレスの関係

はげとストレスは密接な関係があります。精神的な負担が大きくなると、それだけ体に対して負担をかけてしまうことになります。体に負担がかかると、それを改善するためにたくさんの栄養素が消費されてしまったり、また交感神経が優位な状態が続いてしまうと、体を回復させることができなくなってしまうからです。
人間の体はストレスを感じ取ると、交感神経が優位になります。これは体が外部からの刺激から体を守るために、交感神経を優位にし、外部からの攻撃へ戦闘態勢を整えるからです。これは生物として、敵から身を守るために使用される防衛本能です。
短時間であるのならば、それほど大きな問題とはなりませんが、慢性的に精神的に負担がかかっている状態が続くと、常に交感神経が優位な状態が続いてしまいます。これにより、常に体を酷使した状態になります。興奮した神経を元に戻すために、ビタミンやミネラルがたくさん消費されてしまいます。これにより、本来ならば髪に対して送り込まれる栄養素が、消費されて使用できなくなってしまうため、はげてしまうのです。
ストレスが溜まってしまうと、頭皮の細胞を回復させることができず、また頭皮への栄養素も少なくなるために、はげの原因となってしまうのです。