はげと食生活の関係

はげと食生活には密接な関係があるわけは、髪の毛が常に新陳代謝をするために、亜鉛やタンパク質などの栄養を必要としているためです。はげは遺伝だけが原因ではなく、現代人特有の生活習慣によって発生することも確かです。髪の毛の若返りのサイクルが偏食などの習慣で阻害されてしまえば、急速に老化が進んでしまいます。

 

朝食を抜いてしまうことが多かったり、食欲に任せて大量に栄養を摂取しても、新陳代謝のバランスが崩れます。肉類を全く食べなかったり、あるいは肉だけを食べるような食事をしてもよくありません。髪の毛の源になるタンパク質と亜鉛を同時に摂取するためには、多品目な料理を食べることが大切です。ところが、一汁三菜などの基本を守らずに、おかずが一品だけでご飯を食べる場合には、はげの原因を作る食生活にもなります。

 

髪の毛は森林のようなもので、土壌の養分が足りなくなれば、枯れてしまう現象と似ています。頭皮や髪の毛にとって良い栄養を摂取しながら、睡眠不足やストレス過剰などの問題も排除していけば、毛周期の仕組みによって若々しい毛が生えてきます。ワカメや昆布を食べると良いと昔から言われていますが、これは先人たちが経験的に得た知恵でもあるため、一定の効果がある方法として受け継がれています。